意外と難しいラブドールの衣装選びのポイント!かわいい服を着せてあげればさらに魅力アップ!

ラブドール

見た目が好み、スタイルも抜群、そんな自分の理想とも言えるラブドールを手に入れることができた人は、非常に幸せと言えます。

しかし人間とは非常に贅沢なもので、最初は「最高だ!」と考えていた相手でも、一緒に過ごして長くなるとだんだんと飽きてきてしまうもの。

それは相手が人間であっても、ラブドールであっても変わりません。

そういった「飽きてしまう」感情を少しでも抑えるために重要となるのが、新しい衣装を着せてあげたり、ウィッグやメイクを変えたりしてあげたりすることによるイメージチェンジです。

とは言っても、人間の女性であればイメージチェンジは勝手に(言い方が悪いですが)してくれますが、ラブドールは持ち主の男性が新しい衣装を用意してあげなければなりません。

しかし多くの男性にとって、女性用の衣装を選んで購入するのは、かなりハードルの高いことですよね。

そこで今回は、ラブドールの衣装を購入する方法や、購入する際の注意点についてご紹介します。

ラブドールの衣装を購入するのは「ネット通販ショップ」がおすすめ!実物を見て買いたい人は「古着屋」の利用もアリ!

  ラブドールの衣装、つまり女性用の衣装を購入するのは、男性にとっては非常に難しいことです。

自分のラブドール趣味を知っている女友達でもいれば代わりに買い物をお願いすることもできるでしょうが、なかなかそんな理解のある女友達はいないもの。

「女性へのプレゼント」との理由でお店に行くのはアリかもしれませんが、そういた場合はサイズ合わせの問題などもあってほとんどが女性と同伴で来店する人が多いので、男性の一人客はどうしても違和感が消せません。

そういった心配点を一気に解消できるのが「ネット通販ショップ」の利用です。

「Amazon」や「楽天」など、大手ネット通販ショップを使えば、衣装の種類・サイズも豊富ですし、一般的な洋服からコスプレ衣装、下着なども選び放題。

買い物はもちろん店員の存在を気にする必要もありませんし、意外と高価な洋服も値下げ販売されていて手頃な価格で入手できる場合があるなど、多くのメリットがあります。

ただしメリットばかりではなく、当然デメリットも。 実際の商品を手に取って見られないので、届いてみたら「色や形などがなんとなくイメージと違った」「造りが安っぽくて着せてみてもイマイチだった」といった可能性は捨てきれません。

また家に配達してもらう場合、家族と同居している男性の場合は中身がバレて「どうしてこんなものを買ったの?」と追求されてしまうかも。

現在では荷物の「郵便局留め」や「コンビニ受け取り」といった方法も使えますので、家族にバレる可能性は低くなったと言えますが、いろいろと気を遣わなければならないのは煩わしいですね。

こういった煩わしさを味わいたくない人、または商品を直接自分の目で確かめて購入したい人は、意外と「古着屋」を利用するのが便利です。

古着屋は男性服・女性服・子ども服など、すべてのジャンルの洋服を一括で扱っていることが多いため、男性一人で入店しても違和感はまったくありません。

また演劇の劇団員やイベントなどで使用する衣装を選んで購入する人も多いので、男性が女性服や子ども服を選んでいても意外と目立たないのです(購入時に領収書でももらっておけば、よりそれっぽさが出ます)。

最近では、古本屋チェーンの大手「BOOKOFF」などでも古着を扱っているので、意外と身近に購入できる場所が多いのもポイントです。

ただしコスプレ衣装や下着といったものはさすがに古着屋では手に入りませんし、基本的に購入後は返品を受け付けてくれないお店も多いので、そういった点には注意が必要です。

ラブドールによっては衣装のサイズ選びに苦労することも!注意しないと「ブカブカ」「キツキツ」になってしまうかも

ラブドールは基本的に普通の女性用衣装であれば着せられますが、ラブドールによっては普通の女性と同じ感覚で衣装を選ぶと、いざ着せたときにサイズが合わない場合もあります。

ラブドールには基本的に、大きく分けて2種類の造形が存在していることはご存じでしょうか。

ひとつは日本で有名な「オリエント工業」などで製造されている、実際の女性とほぼ同じスタイルで造形されている、リアルタイプ。

もうひとつは中国メーカーで製造されているラブドールに多い、身長に対して肩幅が狭く、さらにおっぱいが「ドーン!」と大きな、デフォルメタイプです。

リアルタイプのラブドールであれば、基本的に一般的な女性の衣装が問題なく着せられますし、違和感も少ないでしょう。

とは言っても、リアルタイプのラブドールのなかにも超巨乳スタイルのラブドールが存在しますので、そういったタイプだと少々違和感が出るかもしれませんが、そこまでは気にならないはずです。

問題なのはデフォルメタイプのラブドールで、身長に対しておっぱいが大きいため、身長基準で衣装を購入してしまうと「胸が服にちゃんと納まらなくて着せられない」なんて問題が起こる可能性があります。

では逆に考えて、おっぱいの大きさ基準で衣装のサイズを選んでしまうと、身長に対して服が大きすぎる可能性が。

しかもデフォルメタイプのラブドールは、胸の大きさを強調するためなのか、実際の女性よりも肩幅が身長に対して狭く設計されていますので、さらに「着せたけどブカブカで似合わない」なんてことになってしまいがちなのです。

特に収納スペースなどの問題で、100㎝~130㎝ほどの低身長ラブドールの場合は、着せられる衣装がサイズ的に子ども服中心になってしまうため、低身長で巨乳のラブドールはさらに衣装選びに苦労することになります。

「着せられればブカブカでも気にならない」という人ならばともかく「どうしてもピッタリ似合う衣装を着せてあげたい」というこだわりがある人は、オーダーメイドでコスプレ衣装やドール衣装を製作してくれるショップを探して、製作してもらうのが一番かもしれません。

もちろん普通に購入するよりも費用はかかってしまいますが、自分のラブドールのためだけに作ってあげた衣装を着せてあげればより愛着もわきますので、そう悪いことではないでしょう。

衣装を着せ替えてあげてラブドール専門通販サイト「XLoveDoll」で購入したラブドールをずっと愛してあげよう!

ラブドールのことを単なる「オナニー用の人形」と考えている人は、せっかく高いお金を出して購入したラブドールもすぐに飽きてしまい、単なる無駄遣いに終わってしまいがちです。

その点、ラブドールをちゃんと「ひとりの女性」として愛してあげられる人は、肉体的に充実したオナニーライフを送ることができるだけでなく、精神的にも満足感が高くなります。

ラブドールに飽きないようにするだけではなく、かわいがってあげるためにも、時々新しい衣装を購入して着せてあげるのは非常に重要なことです。

衣装の購入にはさまざまな苦労や失敗もあるかもしれませんが、そういった苦労をした分、ラブドールのかわいらしさもアップするというもの。

ぜひさまざまな衣装を購入して、ラブドール専門通販サイト「XLoveDoll」で購入したラブドールを長い期間愛し続けてあげてくださいね!  

関連記事  「オリエント工業」のシリコン製ラブドールは鑑賞向け!?シリコン製ラブドールとTPE製ラブドールの違いをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です