二次元世界の人気キャラクターが現実世界に降臨する!?アニメキャラのラブドールとイチャイチャする夢が叶います!

ラブドール

ラブドールの魅力として一番重要視されるのは、そのラブドールの容姿がどれくらい本物の人間、生きている女性に近付いているか、という部分でしょう。

単なるオナホールやオナカップを使ってオナニーをするのではなく、わざわざ高価なラブドールとのセックスを選ぶ男性は、実際の女性とのセックスを楽しみたいという気持ちを持っています。

そのため、ラブドールが女性としてリアルな姿、特に顔を持っているか、が重要となるわけですね。

その一方で、アニメキャラをモデルにしたラブドールも人気がある、という現実もあります。

でも考えてみればアニメキャラは「容姿」の面で考えれば、現実の女性とはかけ離れているものですよね。

それなのにアニメキャラのラブドールが、高価で完成度が高いリアルなラブドールと同じくらい人気があるのは、どこか不思議な気がします。

そこで今回は、アニメキャラのラブドールが持つ魅力と、どうすれば手に入るのかなどを調べてみました。

▲かほちゃん158cm シリコンラブドール

 

アニメキャラのラブドールは「現実の世界には決して存在しない女の子と一緒に過ごせる」点が人気のポイント!

日本では以前より、アニメやゲームといった二次元作品が数多く作られており、さらにそれらの作品が海外でも人気があることは、多くの人がご存じでしょう。

これらのアニメやゲーム作品のファンは非常に熱心であり、なかには実際に「これらのキャラクターとエッチなことをしてみたい」と考えている人もいるわけですが、その夢が叶うことはほとんどありません。

その理由は簡単で、アニメキャラは二次元の存在、人間は三次元の存在だからです。

同じ場所に存在していないのですから、エッチなことができるはずもありませんよね。

そこでアニメキャラをラブドールにして、三次元の存在にすれば直接触れたり、それ以上のことをしたりするのも可能になるわけですから、アニメファンが長年抱いていた夢が実現するわけです。

アニメキャラのラブドールとしては、目が大きくて鼻や口は小さめの、いわゆる「アニメ顔」と言われるものや、ファンタジーの世界を舞台にしたアニメ・ゲームに多く登場するキャラクターをモデルとしたものがあります。

たとえば、とがった耳を持った「エルフ」や、男性の精気を吸い取る悪魔の一種「サキュバス」など、人間以外のキャラクターですね。

またアニメキャラの特徴によく見られる、ピンクや水色、黄緑色などの現実離れした髪の毛の色や、人間以外のキャラクターでは肌の色が紫色など、なかなか奇抜な色をしたラブドールも見掛けられます。

まさにアニメやゲームなどの二次元の世界から、三次元の世界へと飛び出してきたかのように思えるほどのかわいらしさを持ったラブドールが、多くそろっている時代となったのですから、好きな人にとってはたまらないと言えますね。

こういったアニメキャラのラブドールが持つ魅力は、まず現実的には絶対に一緒にいられない存在であるキャラクターと一緒にいられる、非現実を現実にできる、という点がまず第一に挙げられるでしょう。

またアニメキャラによく見られる、かわいらしい少女の顔をしているのにスタイルはバツグン、といった身体も違和感なく受け入れられるのも第二の魅力です。

さらにフィギュアの造形技術が大きく向上したことも、アニメキャラのラブドールの人気を向上させた理由となるでしょう。

実際に二次元のイラストではかわいらしい女の子も、三次元のフィギュアやラブドールとして立体化してみると「なんか気持ち悪い」といったように感じられてしまうことが、以前は多くありました。

もちろんリアルな女性をフィギュアなどの立体物にしたときも「……なんか違う」となってしまうことが多かったので、単純に技術力の問題だったのかもしれません。

それが現在では、造形技術の向上で非常にリアルな女性の顔をしたラブドールが作れるようになりました。

そういった技術力の向上が「アニメキャラをアニメキャラらしい顔のまま」でラブドールとして完成させる技術にも結び付いているのでしょうね。

アニメキャラのラブドールは「そのものズバリ」ではなかなか購入が難しい場合も!カスタマイズや自分で改造する工夫もアリ!

▲158cm シリコンヘッド+TPEボディーラブドール

 

アニメキャラのラブドール、と言っても、細かく分類すると2種類が存在します。

まずは「全般的なアニメキャラ」としてのイメージでデザインされているラブドール。

つまり一般的なアニメキャラの特徴として多い「目が大きい」「鼻や口が小さい」形式でデザインされていたり、エルフやサキュバスなどが持つ「耳が長い」「肌の色が人間と異なる」「角がある」などといった特徴をデザインとして取り入れて製造されているラブドールですね。

もうひとつは「アニメ〇〇のキャラクター・〇〇」「ゲーム〇〇のキャラクター・〇〇」のように、具体的なキャラクターのデザインをモデルとして製造されるラブドールです。

ただし後者の場合は、そのモデルとしたキャラクターの著作権などを持つ会社にバレると、大きな問題になる可能性があります。

実在の有名人をモデルにしたラブドールが「芸能人〇〇そっくり!」と宣伝されて売り出されることがないのと同じ理由ですが、アニメキャラの場合はそのあたりの意識があいまいなのか、キャラクター名を出してラブドールを販売しているサイトもチラホラ見受けられます。

アニメやゲームの世界では同人誌や同人ゲームといった文化も盛んですし、そういった商品が出るのは人気がある証拠、と考えられているのかもしれませんが、いつか何かしらのトラブルになるのではないか、と少し心配になりますね。

具体的なアニメキャラをモデルとしたラブドールを安心して購入するのであれば、アニメキャラのラブドールを得意としているメーカーに完全カスタマイズでオーダーする手段があります。

カスタマイズのため料金は高めになってしまいますが、技術力のあるメーカーをしっかり選べば満足度の高いラブドールが手に入るでしょう。

そういった手段が難しい人は、最終手段として一般的なラブドールを改造する、という方法もあります。

衣装はよほどマイナーなキャラクターでない限り、コスプレ衣装販売店などで購入できるでしょうし、髪の毛の色はウィッグで変更可能。

メイクによって雰囲気を出すこともできますし、ちょっとした作業は必要ですがラブドールの目自体を交換することで、目の色なども変えられます。

もちろん個人での作業になりますので難しい部分や、どうやっても変更できない部分はありますし、結局「アニメキャラのラブドール」を手に入れる、というよりも「アニメキャラのコスプレをしたラブドール」を手に入れる、という形になってしまうかもしれません。

ラブドール専門通販サイト「XLoveDoll」でアニメキャラのラブドールや自分でカスタムできるラブドールを購入しよう!

▲アサミちゃん160cm シリコンラブドール

 

ラブドール専門通販サイト「XLoveDoll」では、アニメキャラのラブドールも扱っています。

あまりにも「アニメっぽすぎる」造形のラブドールではなく、目が少し大きめだけれどもリアルな人間らしさも残した、ちょうど良いバランスのラブドールが中心となっていますので、あまりにもアニメっぽいラブドールは苦手、なんて人でも手を出しやすいでしょう。

また「XLoveDoll」ではさまざまなメーカーの、さまざまな容姿のラブドールも扱っていますので、自分で改造するための元となるラブドールも、できる限りアニメキャラに似た雰囲気のものを見つけられる可能性が高いです。

アニメキャラのラブドールを手に入れたい人は、ぜひ「XLoveDoll」をチェックしてみてください!

関連記事  100cmラブドールを知っているか?等身大ラブドールより魅力的な6つのポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です