身長140㎝以下のラブドールは子どもっぽすぎる?日本では持っていてももちろん問題ありません!

ラブドール

近年セックスの相手としてラブドールを愛好する人が増えたこともあり、ますますラブドールの人気が高まっています。

そのため数々のラブドールメーカーが誕生し、製造技術も向上したため、以前よりさらに本物の女性に近いラブドールが購入できるようになりました。

またラブドールのスタイルや身長なども、購入する人の好みにあわせてさまざまなタイプが選べるようになったのも、ラブドールファンにとってはうれしいことですね。

ラブドール専門通販サイト「XLoveDoll」でも、等身大の女性に近いサイズのラブドールから身長140㎝以下の子どもっぽいラブドールまで、選んで購入ができます。

しかしラブドールがリアルになったことによって「身長が低いラブドールは子どもに対する犯罪を助長する」などと、批判されることが増えてきているのも事実。

そのためなのか、子どもっぽい容姿をしたラブドールを購入するのを躊躇してしまう男性も増えているようです。

それでは実際に、子どもっぽいラブドールを購入するのは問題があるのか、そんな疑問についてお答えしていきます。

低身長の子どもっぽいラブドールを購入・所持するのは日本ではまったく問題なし!

結論から言ってしまえば、どれほど低身長で子どもっぽいラブドールであっても、購入や所持をするのは日本ではまったく問題はありません。

もちろん海外で製造された子どもっぽいラブドールを個人的に輸入することも問題はありませんから「XLoveDoll」でラブドールを購入しても、なにひとつトラブルが起こる心配はない、と言えるでしょう。

日本でも子どもを対象としたポルノは禁止されていますが、その対象となるのはあくまでも実在する人間の性的な写真や動画を所持した場合のみです。

そのため、子どもっぽいラブドールの所持はもちろん、子どもっぽいキャラクターがエッチなことをするコミックやアニメ、ゲームなども日本では楽しむことができるわけです(ただし「登場するキャラクターは18歳以上です」との文章が添えられることがほとんどですが)。

しかし世界には、子どもっぽいラブドールを入手すること自体が違法となってしまう国も存在している、という事実も知っておくべきでしょう。

代表的な国としては、アメリカにイギリス、オーストラリアなどがあります。

これらの国ではラブドール自体は禁止されてはいませんが、子どもっぽく見えるラブドールは違法とされています。

特に「身長140㎝未満」のラブドールについては、子どもを連想させるとの理由から禁止されていることがほとんどです。

オーストラリアでは「おっぱいがAカップ以下」のラブドールも、子どもを連想させるため禁止されているほど。

身長140㎝と言えば、日本でも10歳くらいの子どもの平均身長くらいですから仕方がないとも思えますが、おっぱいがAカップ以下の人は日本の女性には大人でもけっこういますので、失礼な話にも思えてきますけれどもね……。

関連記事:100cmラブドールを知っているか?等身大ラブドールより魅力的な6つのポイント

ラブドールの所持自体が禁止の国も!子どもっぽいラブドールも所持できる日本は異色な存在!

そもそも世界では、ラブドールを所持すること自体が禁止されている国もあります。

代表的な国としては、アフガニスタンやサウジアラビア、パレスチナにエジプトなどなど……。

特にイスラム教の盛んな国ではセックスに対する規制が厳しいため、ラブドールも禁止されていることがほとんどのようです。

イスラム教では結婚前のセックスや同性愛にも厳しく、女性も外出時は顔以外の肌を見せないために全身を覆う服を身につけるほどですから、子どもっぽいラブドールを購入するなど今後もなかなか認められないでしょうね。

そういった意味で、日本以外の国に住んでいてラブドールを購入したいと考えている人は、あらかじめその国ではラブドールが違法ではないかを調べておかないと、大変な目に遭うかもしれませんのでご注意を!

このように考えると、大人っぽいラブドールから子どもっぽいラブドールまで、さまざまなラブドールを自由に購入できる日本は、世界でもかなり異色な存在だとも言えますね。

もちろんラブドール好きとしては、非常にありがたい話ではあります。

しかし日本でも、今後は子どもっぽいラブドールが規制される可能性がゼロである、とは言い切れない部分はあります。

子どもを対象としたポルノの規制に関しても、日本では実在する人間を扱ったものだけが対象とされているのは、そもそも日本には先にも説明したように子どもっぽいキャラクターが登場するエッチなコミックやゲームなどがたくさん存在するためです。

子どもっぽいラブドールを規制するのであれば、こういったコミックやゲームなども規制することにつながってしまい、その結果「表現の自由」を守るためとして大規模な抗議活動が起こる可能性があります。

さらに身長の低い子どもっぽいラブドールは、子どもを性的な対象として見ているのではなく、ただ単に「身長が低いほうが扱いやすいから」「大きなラブドールは保管が大変だから」といった理由で購入されることも多くあります。

そのため身長は低くてもおっぱいやお尻はメチャクチャ大きい、といったラブドールも存在しますので、「身長が低い」という理由だけで「子どもを性的な対象と見ているラブドール」として規制することも難しいわけですね。

このような理由から、日本ではすぐに子どもっぽいラブドールが規制の対象となることは考えにくい、とも言えます。

しかし日本でも2020年にSNS上で、身長が低い、子どもっぽいラブドールを所有することに対して批判の声が高まり、実際に子どもっぽいラブドールに対する反対の署名運動がおこなわれています。

「低身長の子どもっぽいラブドールがあるからこそ、欲望を発散できて犯罪防止に役立っている」との意見もあるため、禁止にまでは至っていない、という背景もありますが、「子どもっぽいラブドールの存在自体が許せない」と考える人たちが多いのも事実。

いつかは子どもっぽいラブドールが、日本でも規制されてしまう時代が来るかもしれません。

ラブドール専門通販サイト「XLoveDoll」で自分好みの子どもっぽいラブドールを探してみよう!

現在のところ、日本ではどのようなラブドールを購入し、所有しても問題はありませんので、大人っぽい、セクシー、キュート、子どもっぽいなど、自分が一番好みと言えるラブドールを購入すべきです。

ラブドール専門通販サイト「XLoveDoll」では、身長140㎝以下の子どもっぽいラブドールも購入ができます。

見た目やスタイルなどは同じ低身長のラブドールでもさまざまな個性がありますので、しっかり細かい部分までホームページの画像で確認できる「XLoveDoll」であれば、より自分好みのラブドールと出会えるでしょう。

せっかく好きなラブドールを自由に所有できる国、日本でラブドールを購入するのですから、誰に遠慮する必要もありません。

自分の好きなラブドールを購入して、たっぷりラブラブな時間をすごしてくださいね!

関連記事  人気のラブドールを5つに厳選!ラブドールのタイプと選び方を紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です