日本全国送料無料・消費税込み・関税込み!

ラブドールを買うならどのメーカー製にする?人気のおすすめラブドールメーカー&ラブドールの選び方を紹介!

ラブドールを買う人に人気があるのはどんなラブドール?

「ラブドールを買おう!」と思っても、ラブドールにはさまざまな値段の違い、材質の違い、サイズの違いなどがあります。そういった違いを知れば知るほど、どんなラブドールを買ったらいいのか、悩んでしまいますよね。そんな方のために、どのようなラブドールが特に人気があるのかを、3つのポイントに絞って参考までにご紹介します。

 

まず第1のポイントは「肌触りが良い」という点です。

ラブドールをセックスの相手として考えるのならば、裸で抱きしめるなど、肌と肌が密着することは避けられません。安いラブドールには「塩化ビニール」や「ウレタン」などの素材が使われていることが多くありますが、そういった安い素材ではどうしても人間の肌に近い質感は出せません。

多少値段は高くなってしまいますが、医療用の「シリコン」「エラストマー(TPE)」といった素材を使っているラブドールなら、より人間の肌に近い質感を出すことができるため、人気があります。

 

xlovedoll 158cm Bカップ 高級リアルラブドール  詳しく見る

 

第2のポイントは「しっかりとした重みがある」という点です。


これも肌触りと同じく、素材によって変わってくる部分が大きいのですが、抱きしめたり持ち上げたりした時に、ラブドールがあまりにも軽すぎる、または重すぎると、セックスのパートナーとしてのリアリティが半減してしまいます。
空気で膨らませるタイプのビニール製のラブドールは軽く、シリコンやエラストマーを使用したラブドールにはずっしりとした重みと、抱きしめた時のしっかりとした感触を楽しむことができます。よりリアルなセックスを求めてラブドールを購入する人が多いため、ある程度重みのあるラブドールの方が人気が高い、と言えるでしょう。

xlovedoll158cm Dカップ 最新 かわいいラブドール  詳しく見る

 

第3のポイントは「好みに応じてポーズを変えられる」という点です。

ある程度、値段が高いラブドールであれば、関節の可動域が広い内部骨格が使用されていることが多くなります。しっかりとした内部骨格が使用されていれば、ラブドールを好みのポーズに固定したり、正常位、バック、騎乗位など毎回違った体位で楽しんだりすることができます。この3つのポイントを満たしているラブドールが、現在ファンにとって人気が高いラブドールであり、初心者にとっても不満が少なくなる、おすすめのラブドールなのです。

ファンの間で人気の高いラブドールのおすすめメーカーをご紹介!

ラブドールのおすすめメーカーを紹介する前に、まずは知っておいていただきたい知識があります。それは、ラブドールの素材についてです。現在のラブドールは「シリコン製」「エラストマー(TPE)製」が主流となっています。他には「ラテックス製」「クッション製(ぬいぐるみ系)」「ビニール製(エアドール)」といった素材があります。

これらの素材の中では「クッション製」「ビニール製」は比較的値段が安いラブドールに使われていることが多く、あまりユーザーの中で人気が高い、とは言えません。「ラテックス」はゴムノキの樹液を加工して作られる素材であり、シリコンやエラストマーに近い感じがありますが、素材として重いこと、さらに高いアレルギー性があることから、現在ではほとんどラブドールの素材として使われることはありません。

xlovedoll165cm Fカップ 超絶リアルダッチワイフ 詳しく見る

そのため、現在人気の高いメーカーのラブドールは、ほとんどが「シリコン製」か「エラストマー(TPE)製」となっているのです。「シリコン」は、人間の肌の感触、弾力に近い素材として、以前から高級ラブドールの素材として使われてきました。医療用として使われることもあるので、人体にとって安全性が高く、また耐久性も高いのでラブドールが長持ちするのも特徴です。

ただ、素材としての値段が高いため、シリコン製のラブドールも高価になってしまうことが難点でもあります。シリコン製のラブドールを製造する人気メーカーには「オリエント工業」「4woods」「RZRDOOL(人造人)」といったメーカーがあります。XLoveDoll」もシリコンラブドールを取り扱ってはじめます。

ラブドールおすすめ

xlovedoll シリコンラブドール超絶リアルドール 詳しく見る

一方「エラストマー(TPE)」は、シリコンよりも後に登場した新素材です。シリコンと同じく、医療用目的にも使用されるため、人体に対してデメリットはなく、肌触りも人間の肌に近い素材です。さらにシリコンと比較すると「柔らかい」「軽い」という特徴もありますが、特に注目すべき点は「安い」という点。

コストはシリコンの半額以下とも言われており、それまで「シリコン製の超高級品」か「それ以外の安い製品」しかなかったラブドールの世界に「比較的安価なリアルドール」を登場させた素材です。

エラストマー(TPE)製のラブドールを製造する人気メーカーにXLoveDoll」のほかに、「WMDOLL」「Dollhouse168」といったメーカーもあります。「XLoveDoll」で扱っているラブドールは、TPE素材のラブドールが非常に充実しています。TPE素材のラブドールに興味がある方は、一度チェックしてみてください。


ラブドールおすすめ

xlovedoll158cm 巨乳ラブドール  詳しく見る


最良のパートナーを手に入れるために!ラブドールの選び方を知ろう!

人気の高いラブドールの特徴や素材について説明してきましたが、最後に具体的なラブドールの選び方をお伝えします。

1)素材で選ぶ

多くの場合、シリコン製かTPE製のどちらかを選ぶことになると思われます。シリコン製のラブドールは、肌触りや重さといった点ではTPE製よりもリアルなものがある反面、どうしても値段が高くなってしまいます。TPE製のラブドールは、シリコンに比べると軽すぎる、柔らかすぎるという面はありますが、幅広い値段からたくさんの種類のラブドールを選ぶことができます。予算や好みに合わせて選びましょう。

 

2)造形で選ぶ

ラブドールの容姿は、基本的に値段が高くなるほど、より細かく、リアルに近付くものです。ただし、あまりにリアルすぎるのは好きではない人に向けて、アニメチックにデフォルメしたラブドールもあります。
メーカーによっても顔の造りは違ってきますので、自分の好みの顔をしたラブドールを納得いくまで探すべきでしょう。

 

ラブドールおすすめ

xlovedoll156cm Bカップ 清楚系 ラブドール 詳しく見る

 

3)大きさで選ぶ

ラブドールには、大人の女性の大きさに合わせた「等身大ドール」の他に、少し小さめに作られたラブドールもあります。あまり大きいと保管場所に困る、体力的に小さい方が扱いやすいという人は、あえて少し小さめのラブドールを選んでもいいでしょう。極端な話、上半身だけ、下半身だけといったラブドールもありますので、保管場所が本当にない人は「半身ドール」を選ぶのもアリです。

 

4)レビューを参考に選ぶ

ラブドール販売の専門サイトならば、それぞれのドールに先に購入した人からの「レビュー」が掲載されていることがあります。実際の使い心地など、写真だけではわからない点も書かれていたりしますので、そういったレビューを参考にするのも良いでしょう。
以上、ラブドールを選ぶ時のポイントを4点、紹介しました。これらを参考にして、ご自分にピッタリのラブドールを選んでくださいね!

 

関連ラブドール記事

ラブドールブログ一覧

セックスのできる人形とステイホームを楽しもう

こんな愛人が欲しかった!セックスが最高に気持ち良いラブドール特集

『小学生』ラブドールという言葉に隠されたウソ

ラブドールが喋る時代~aiラブドールの登場!

ラブドールの使い方:実はいろんな使い方ができるラブドールの魅力

「安い=ダメなラブドール」とは限らない!手頃な価格で最良のセックスパートナーを見つけよう!

 

  • Jun 10, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください。