日本全国送料無料・消費税込み・関税込み!

男性が大好きな大人のおもちゃ「オナカップ」と「オナホール」ってアダルトグッズとして違うものなの?


「手でこするだけ」じゃもったいない!自分に合ったアダルトグッズで最高のオナニーを! 

「少しでも気持ち良いオナニーをしたい!」言葉にすると馬鹿馬鹿しく感じるかもしれませんが、これは性欲を持った人間であれば、誰もが思って当然のことでもあります。もちろんオナニーは、手があれば誰もができるものです。
古代ギリシャの哲学者ディオゲネスは、人前でも道端でもしたくなったらすぐオナニーをして「手でこするだけで金もかからず気持ち良くなれる、こんなに素晴らしいものはない」という言葉を残しているくらいです。
ディオゲネスからしたら、わざわざお金を出してアダルトグッズを買うなんて、とんでもない無駄かもしれません。しかし本当に、オナニーは手だけで満足できるものなのでしょうか。
答えは「NO」です。

アダルトおもちゃ

xlovedoll アダルトおもちゃ 詳しく見る


もしオナニーが手だけで満足できるものであれば、現在のように数々の大人のおもちゃ、アダルトグッズが生まれることはなかったのではないでしょうか。
特に男性は、現在のようにアダルトグッズがメジャーになる以前から、オナニーのためにさまざまなものを使ってきました。こんにゃくや、お湯を入れてのびるまで放置したカップラーメンなどは有名かもしれません。
しかし現在はそのように食材を無駄にしなくても、気軽に男性用アダルトグッズが手に入るのですから、良い時代になったものではないですか。
男性用アダルトグッズの中でも特に人気が高いのが「オナカップ」「オナホール」です。ローションを使って挿入するだけの手軽さが人気のこの「オナカップ」「オナホール」ですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

 

「オナカップ」は基本的に使い捨てのアダルトグッズ!安価で高性能が人気の秘密!

アダルトおもちゃ

まずは「オナカップ」から説明しましょう。オナカップは外側がプラスチックのカップ状となっていて、その内部に柔らかい素材でチンポを挿入するホール部分が作られています。基本的に使用できるのは一回だけの使い捨てグッズで、ローションはあらかじめホール部分に注入されていることが多いです。

使い捨て前提なので、値段は500円から1,000円弱が中心、高くても2,000円程度。「基本的に使用できるのは一回だけ」と書いたのは、近年ではオナカップタイプのアダルトグッズでも、洗って繰り返し使えるタイプの商品が登場してきているためです。そこは商品説明文などで、しっかりチェックしましょう。
「使い捨てのオナカップでも、もったいないから洗って使う」なんて人もいますが、正直に言ってあまりオススメはできません。一度チンポを挿入したオナカップは、ホール部分が広がってしまって気持ち良さは半減してしまいます。また洗うことを前提としていないので洗いにくく、内部に洗った時の水どころかローション、精液まで残ってしまうことが多いのです。そうするとオナカップの中で雑菌が繁殖してしまい、再使用した時にその雑菌のせいで尿道炎や膀胱炎になってしまうことも…。
「オナカップを再利用したら尿道炎になりました」と医者に行くのが恥ずかしい人は、オナカップの再利用は避けた方が賢明かもしれませんね。

繰り返し使えて種類も豊富な長く愛せるアダルトグッズ「オナホール」!

アダルト

xlovedoll アダルトおもちゃ 詳しく見る

続いて「オナホール」について説明します。オナホールはオナカップと違い、外側を囲う固いカップ部分が存在しません。そのため素材としての柔らかさがそのまま、オナホールとしての柔らかさになります。外側がカップで囲まれているオナカップの場合、チンポのサイズによっては挿入がキツく感じたり、奥まで挿入できないこともありますが、柔軟性があるオナホールの場合はそういった事態を避けることができます。
さらに何度も繰り返し使用することが前提となっているので、外側と内側をひっくり返すことができる、ホール部分を分割できる構造になっているなど、洗いやすくなっているものが多くあります。
また形状もカップ型にこだわる必要はないので、おマンコ型や口の形をしたフェラホール、お尻の穴を再現したアナルホールなど、種類もさまざま。手で持って使用する「ハンディオナホール」であれば1,000円程度で手に入るものもあります。
またハンディオナホールだけでなく、女性の身体の一部分をリアルに再現した「ラブドールトルソー」も「大型オナホール」と呼ばれることがあります。「ラブドールトルソー」は手足のない「胴体タイプ」や腰回りのみの「お尻タイプ」、腰からつま先までの「下半身タイプ」など種類も豊富で、値段も数千円から10万円以上するものまでさまざま。
そういったことを考えると、オナホールには非常に幅広い選択肢があると言えそうですね。長期間使うためにはこまめにメンテナンスしなければならない、ローションは自分で用意して毎回注入しなければならないなど、多少面倒な部分はあるかもしれませんが、そのぶん愛着がわいてオナニーを楽しめるのではないでしょうか。

オナカップとオナホールどちらを買うかは使ってみて決めるのが一番!

アダルト

xlovedoll アダルトおもちゃ 詳しく見る

オナカップとオナホールの違いについてご紹介しましたが、近年はこの2つの間にそこまではっきりとした違いはなくなってきました。まだオナカップが登場したばかりの時代は、内部は現在のように柔らかい素材ではなく、台所で食器を洗う時に使うスポンジを丸めて、そこにローションを染み込ませたような構造をしていたものです。
もちろん繰り返し使えるはずもありませんし、「気持ち良い」とは正直な話、あまり言えないものでした。繰り返し使えて素材も高級なものを使用したオナホールと比べて、「安くて気持ち良さはそれなりのオナカップ」と「高くてかなり気持ち良いオナホール」のイメージが強かったものです。
しかしその後、技術力の向上とともにオナカップはどんどん進化し、オナホールと同じくらいの気持ち良さを得られるまでに到達。
そしてオナホールも進化とともに、だんだんとお手頃な価格で購入できるようになってきたわけですから、オナカップとオナホールの間に大きな違いがなくなってきたのは当然の話なのかもしれません。
ホールの形状も、単なる穴からヒダヒダやイボイボのような気持ち良さを追求した内部構造が採用されるようになりましたし、ホール自体もバキューム感を味わえる非貫通型、穴から亀頭を出し入れする感覚が楽しめ、水洗いしやすい貫通型など、さまざまな特徴を備えたオナカップ、オナホールが登場してきています。
自分の手を使わなくても、電動でチンポを刺激してくれるものもありますし、オナニーの楽しみ方はこれからもどんどん進化していくのでしょう。
そうなると「どれを使ったら気持ち良いの?」なんて贅沢な悩みが生まれてくるかもしれませんが、その答えは「自分で使ってみて気持ち良かったのが一番」しかありません。
「XLoveDoll」でもさまざまなオナカップ、オナホールを取り扱っていますので、いろいろ試してみて自分にとって一番気持ち良いオナカップ、オナホールを見つけてみてください!

 

 

関連記事おすすめ

コンパクトサイズで値段も手頃な「ラブドールトルソー」の魅力に迫る!おすすめ商品もご紹介!

もはやSEXは必要なし?最新の男性・女性用のオナニーグッズをご紹介‼

男性にも女性にも大人気の「大人のおもちゃ」でオナニーライフを楽しもう!

ますます充実の女性用アダルトグッズ

お手軽アダルトグッズが新登場

  • Jul 14, 2020
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す

コメントは公開される前に承認の必要があることをご注意ください。