日本どこでも送付無料!

一般人が知らないラブドールに関する6の非常識な事実

最近セックスドールの人気が高まる傾向がありますが、この現象は驚かせるかもしれません。これはラブドールに関してよく知らないからでしょう。この記事はラブドールに関する非常識な事実をご紹介させていただきます。

日本のセックスドール業界には、ラブドールはダッチワイフという特有な呼び方があります。これは、ある説があります。歴史上ではオランダの船員は外海で何ヶ月も過ごしたから、生理的な問題を解決するためにラブドールを創造しました。オランダの船員は革でこれらの人形を作成し、日本の港に立ち寄った時これらの作成物を取引するもあります。そこから日本人はこれらの人形をダッチワイフと呼び始めました。

 ほとんどのセックス人形所有者は文字通りセックス人形を大人のおもちゃやセックス性的器具として活用されていますが、一部の男性はラブドールを実際のパートナーとして一緒に暮らしています。 極端な例は、アメリカにある男性は愛情を込めてメリアという名前のセックス人形と結婚しただけでなく、セックス人形のアニナという愛人もいます。 彼と彼のリアルドール妻は合法的に結婚していませんが、結婚指輪があり、16周年記念式典を開催する予定です。

xlovedoll ラブドール

今の時点では、バービーはほとんどの幼年期の家庭で定番であることが知られています。実際にはバービーのような子供向けの人形はもともとセックス人形に基づき始まりました。 1950年代にドイツには、Bild Lilli人形と呼ばれる小さな人形はドイツで特に人気があった魅力的な女優をベースにした人形で、成人男性向けに作られました。 このエロチックな人形は、当時広く普及しました。 あるアメリカの玩具メーカーはこの点に注意を払い、子供に向けて適した人形を作成しました。 今さら大人の人形に似た体を持つ子供の人形もあるそうです。

 セックス人形がかなりリアルに作られることができます。手足の動きや操作性から眉毛の細部まで、細心の職人技と丁寧な工場作業により、セックス人形は本物とほとんど同じように見えることが実現されます。セックス人形は、10Kgから60Kgの範囲で、かなりの重量もあり、更なるリアル感に至ります。一方、これは、多くの女性がセックス人形を持ち運びにくいからリアルドールを購入しない理由ではないかと思います。

xlovedoll

 多くのセックス人形メーカーは女性に向け男のセックス人形も提供しています。 ただし、全体から見ると、これらは全体の売り上げの約9%しか占めていません。 女性用の男性のセックス人形に関しては選択肢がはるかに少なく、女性の体を持つ人形よりもカスタマイズ性がはるかに低いかもしれないと思います。

 小学生ラブドールの販売が多くの国家法律上では固く禁じております。子供に犯罪することが減らすためそうです。今年7

月韓国ではラブドール輸入に20万人以上が抗議することも発生しました。リアルドールは性的器具として人の隠密な性行為に用いられるもので、このように私的で隠密な領域に、国家がなるべく介入しないことですが、日本ではこの先はどうなるかがまだわからないです。

人間では全てが繋がり、ラブドールはそこに存在する理由が必ずあります。ラブドールのメリットとデメリットに注目すればよくわかるでしょう。

 

  • Oct 24, 2019
  • カテゴリー: News
  • コメント: 0
コメントを残す